タバコと角栓の関係

タバコがお肌だけでなく身体全体に悪影響なのは今の禁煙社会を呼びかけている時代に誰でも知っていることだと思います。もちろん毛穴の黒ずみの原因にもなります。タバコを吸うだけで血管が収縮し、血行が悪くなり、お肌の毛穴が硬直し、お肌の老化へとつながっていきます。つまり、ホルモンの分泌が抑えられ毛細血管の流れが悪くなるのです。


タバコに火をつけるとその瞬間に、たくさんの有害物質が発生します。なかでも肌と深く関係するのは一酸化炭素。タバコを吸うと身体の中に一酸化炭素を取り込み、本来酸素を運ぶべき血液中のヘモグロビンが、一酸化炭素と結合してしまうことで細胞が酸欠状態になります。酸素不足になった細胞は、血流を滞らせて必要な栄養も送ることができなくなり、肌の色や口唇の色が悪くなるだけでなく、肌本来の働きを低下させ、乾燥や肌荒れを招きます。



タバコ1本につき約25mgのビタミンCが破壊されていきます。若い時には感じないかもしれませんが、だんだん歳を重ねることでお肌の老化がお化粧でカバーしきれなくなってくるのです。タバコは吸わないとイライラ感によるストレスを知らず知らずのうちに抱え込んでいます。それがお肌にも悪影響を及ぼしているんですね。タバコのニコチンは毛穴にとても悪影響です。ビタミンCが破壊されていくとコラーゲンを新しいものに替えることができなくなり、しみやたるみ、毛穴を引き締めることができなくなってしまうのです。

次に、煙を吸った体内。有害物質を攻撃しようと活性酸素も発生。タバコの煙そのものにも、活性酸素が含まれています。「肌サビって何?活性酸素と紫外線の関係」の記事でお話ししたように、活性酸素は細胞を傷つけます。そして、この活性酸素を取り除くために体内のビタミンCやEを大量に消費。タバコ1本が約25~100mgものビタミンCを破壊する、という話は知られていますが、実際にはそれ以上のビタミンC不足になっています。

ビタミンCは肌のハリのもとになるコラーゲンを作るのに欠かせないビタミン。でもタバコのダメージで消費してしまうから結果、コラーゲンが正しく作れなくなってシワやたるみを招いたり、メラニンを外に追い出せなくなってシミを増やす原因にもなります。

さらに、ニコチンは、血管を収縮させて血行を悪くします。血流を鈍らせ、身体が冷えることで、代謝を悪化させる原因に。肌のターンオーバーも乱れてしまいます。今現在の肌はもちろん、将来の肌のことを考えても、タバコを吸うことでのメリットはありません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の黒ずみの原因となる角栓をごっそり除去しよう!!

洗顔ではなかなか取れない、毛穴の黒ずみや角栓づまり・・・この 『 スポットスティック 』を使って気になる部分に軽く押しながら、滑らすように取り出すだけ。角栓が一気にニョロニョロとれてしまう感覚を味わうともう病み付きです。そして、ニキビの赤みやニキビ跡、ぶつぶつ毛穴が目立つイチゴ鼻にお悩みの方はイチゴ鼻薬用はがさないパックでスッキリ!!

【毛穴・角栓スポットスティック】

洗顔ではなかなか取れない、毛穴の黒ずみや角栓づまり・・・この 『 毛穴・角栓 スポットスティック 』を使ってザラザラ・ポツポツお肌とは、もうサヨナラ!!気になる部分に軽く押しながら、滑らすように取り出すだけ。

【イチゴ鼻薬用はがさないパック】

ぶつぶつ「イチゴ鼻」で悩まない!くるくる30秒!洗い流すだけ!はがさない!薬用皮脂取りパック♪気になるニキビをファンデーションでごまかしていませんか?無香料・無着色・ノンオイルの無添加処方!!
その他の鼻の黒ずみ・角栓を取る方法などはメニュー、またはトップページからどうぞ
鼻の角栓&黒ずみ解消.com<トップページ>

このページの先頭へ