毛穴パックのオロナイン法

毛穴パックをする際に【オロナイン法】という方法を行うと、角栓の除去に効果的であるということで、数年前から口コミで話題になっていました。毛穴パックの【オロナイン法】というのは簡単に説明すると、そのネーミングから想像できる通りに、あらかじめパックをする部分にオロナイン軟膏を塗ってそのままま一旦放置し、それから水かぬるま湯でよく洗い流してから毛穴パックを行うといった方法です。ただし、このオロナイン法というのは科学的な根拠に基づいて勧められているものではないようで、よくある裏技的な美容方法といった感じです。



毛穴パックの【オロナイン法】を実際に行う手順といいますか、流れを分かり易く述べておきます。

【オロナイン法の実践方法】
・まずはしっかりと洗顔をしてから、パックを行う箇所にオロナイン軟膏をタップリ目に塗り、そのままの状態でしばらく放置しておきます。(およそ10分から15分程度)
・その後、オロナインを水または、ぬるめのお湯で丁寧によく洗い流します。
・次に霧吹きなどのスプレーで、パックを貼る部分に水を吹きかけ十分に濡らします。
・ここからは通常通りに毛穴パックをしていくといった流れになります。


毛穴パックを剥がしていく際には、勢いよく剥がしていくのではなく、ゆっくりとパックを剥がしていくと角栓などの汚れがキレイに引っ付いて取れるので、コツとして意識して実践すると効果的です。また、角栓を除去した後の毛穴の入り口はポッカリと開いた状態になっており、細菌などが入った場合に炎症が生じたりして肌トラブルを起こしやすくなるので、化粧水などで引き締めるなどアフターケアをきちんと行いましょう。


基本的に毛穴の汚れや黒ずみが特に目立つ小鼻周辺の毛穴ケアとしてパックをする時にもっとも威力を発揮するようです。オロナイン法を利用したパックに限らず一般的な毛穴パックでも、あまり頻繁に実践するのは注意する必要があるようです。毛穴パックの種類の中でも粘着力が強力過ぎるものを週に何回も使用していると、毛穴の角栓を除去するだけでなく、肌を荒れさせたり、毛穴そのものにダメージを与えて、かえって毛穴の開きを増長させてしまうケースもあります。人それぞれの肌質にもよりますが、毛穴パックのしすぎにも注意しましょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の黒ずみの原因となる角栓をごっそり除去しよう!!

洗顔ではなかなか取れない、毛穴の黒ずみや角栓づまり・・・この 『 スポットスティック 』を使って気になる部分に軽く押しながら、滑らすように取り出すだけ。角栓が一気にニョロニョロとれてしまう感覚を味わうともう病み付きです。そして、ニキビの赤みやニキビ跡、ぶつぶつ毛穴が目立つイチゴ鼻にお悩みの方はイチゴ鼻薬用はがさないパックでスッキリ!!

【毛穴・角栓スポットスティック】

洗顔ではなかなか取れない、毛穴の黒ずみや角栓づまり・・・この 『 毛穴・角栓 スポットスティック 』を使ってザラザラ・ポツポツお肌とは、もうサヨナラ!!気になる部分に軽く押しながら、滑らすように取り出すだけ。

【イチゴ鼻薬用はがさないパック】

ぶつぶつ「イチゴ鼻」で悩まない!くるくる30秒!洗い流すだけ!はがさない!薬用皮脂取りパック♪気になるニキビをファンデーションでごまかしていませんか?無香料・無着色・ノンオイルの無添加処方!!
その他の鼻の黒ずみ・角栓を取る方法などはメニュー、またはトップページからどうぞ
鼻の角栓&黒ずみ解消.com<トップページ>

このページの先頭へ